おりもの 臭い 対策

おりものが臭い方にはコチラの対策で。最適ケア商品で解消しましょう。
MENU

少し工夫すればデリケートゾーンの臭い対策ができる

デリケートゾーンの嫌な臭いの原因の多くは雑菌が繁殖するからです。
したがって、雑菌の繁殖を抑えるように少し工夫すれば臭い対策ができます。

 

デリケートゾーンの臭い対策の2つの工夫

デリケートゾーンの臭い対策の工夫の1つは、膣内にいる雑菌の悪玉菌を退治することで、
そのためにはデリケートゾーンを清潔にすることです。

 

もう一つの工夫は間接的に嫌な臭いを取り除くことですが、
これは言わば誤魔化しのようなことです。

 

悪玉菌を退治する時には善玉菌を大切にする

嫌な臭いを消すためには悪玉菌を退治すればいいと、
デリケートゾーンを洗い過ぎることがあります。

 

洗うことは正解ですが、洗い過ぎはNGと言えます。
つまり洗い過ぎると善玉菌までも取り除くリスクがあるのです。

 

善玉菌は膣の中で悪玉菌の繁殖を抑える役割がありますから、
きちんと残すような洗い方をしなければなりません。

 

強い洗浄力がある石鹸は使わないこと

石鹸の洗浄力が強いと、どうしても善玉菌まで洗い流すリスクがあります。
したがって理想的には、ある程度の洗浄力がある石鹸で、
しかも膣内と同じようなペーハー値があるものを選ぶことです。

 

熱すぎるお湯ではなく、ぬるま湯ですすぐようにする

雑菌を含めて、善玉菌も熱いお湯には弱いものです。
ですから暑すぎるお湯ですすぐと、善玉菌もダウンしてしまいます。

 

それでは困りますから、すすぐ時のお湯はぬるま湯にしましょう。
そして、善玉菌が膣内に残り、悪玉菌を退治すれば臭いが改善されます。

 

間接的に臭いを抑えるのは香水

デリケートゾーンの臭いを抑える工夫に香水を使うことが考えられます。
ただし、香水自体に臭いを改善する成分はありませんから、いわば誤魔化しになります。

 

また、香水が汗と混じると、むしろ悪臭がひどくなることがあります。
香水を使って臭いを誤魔化す際には、
デリケートゾーンの近くに香水をつけてはいけません。

 

このページの先頭へ